紳士

うつ病かどうかを診断するのに必要な知識とは

薬の種類

診断

うつ病と診断されると、専門の医療機関で治療を行います。治療の際には薬物治療がメインになってくるでしょう。今回は薬物治療に利用する薬剤について紹介していきます。まず、三環系と呼ばれる薬剤の場合、強力な効果と副作用が特徴と言えるでしょう。三環系は古くから利用されてきた薬剤で、作用はとても強力です。しかし、副作用も多いのが難点で、強い副作用が出る場合もあるのです。現代では他の薬剤が効かない場合や、症状が思い場合に限り処方されます。基本的に作用としては神経伝達物質の再取り込みを妨げるのです。神経伝達物質にはノルアドレナリンやセロトニン、ドーパミンなどが含まれます。この神経伝達物質の吸収や分解を妨げる事により、神経伝達物質を増やすことができるのです。三環系は作りが荒いので、神経伝達物質以外にも作用してしまうことから副作用が多くなってしまいます。三環系の薬剤を利用するには医師の診断が必要なのです。次に紹介するのが四環系で、深い眠りを手に入れることができるでしょう。効果としては弱めですが、副作用も少ないので三環系に比べると安心して利用することができます。基本的に四環系は1週間程で効果が体感できるので、三環系と比べると即効性もあるのです。不眠に悩んでいるうつ病患者に処方されることが多いでしょう。眠気を誘うので、深い眠りを実現することができるのです。SSRIは効果と副作用のバランスに優れている薬剤と言われています。神経伝達物質以外の所には作用しにくいので、副作用も軽減されているのです。基本的に、SSRIはセトロニンだけを増やす作用があります。セトロニン以外には作用しにくいのです。また、命に係るような副作用は殆ど無いので安心して利用することができます。効果と副作用のバランスに優れていることから、治療の際に処方される薬剤として第一の選択になっているのです。基本的にSSRIを処方することからうつ病の治療が始まります。また、SNRIなどは意欲の低下などに効果を発揮するでしょう。病気の診断の際に、意欲の低下が認められる場合に処方されることが多い薬剤です。SNRIはSSRIと違い、ノルアドレナリンも増やすことができるので意欲を回復することができるでしょう。NaSSAはどちらかというと効果は強めの薬剤です。SSRIやSNRIに比べると副作用も強いのが特徴でしょう。四環系と同じで眠りを深くする作用があり、効果も高いのです。睡眠に問題があり、やや症状が思いと診断されたうつ病患者の方に処方されることが多いでしょう。副作用としては、眠気や体重の増加が挙げられます。