紳士

うつ病かどうかを診断するのに必要な知識とは

治療方法

人形

うつ病と診断された場合は、専門の医療機関での治療が必要になってきます。診断の結果によっても変わってきますが、一般的に入院治療よりも外来治療の方が多いでしょう。治療については、3つの段階に分けて行われます。急性期と回復期、再発予防期に別れるのです。急性期の治療としては、十分な休養とカウンセリング、薬物治療を行います。休養をしっかりと取るのがポイントで、ストレスの原因を解消するのが目的です。また、カウンセリングなどと一緒に薬物治療を行いますが、薬剤については医師の診断によって処方される薬剤が変わってきます。うつ病治療に用いられる薬剤は副作用が強くでる場合もあるので注意しましょう。効果を実感するのには、一般的に1ヶ月から3ヶ月程掛かると言われています。苛々や不安、憂鬱な気持ちが軽くなるでしょう。また、日常生活に興味が湧き始め、簡単な家事などをこなすことができるようになります。日常生活を少しづつ楽しめるようになってくるのです。回復期には症状が回復したり悪化したりを繰り返しながら、徐々に症状を安定させていきます。調子が良い日があっても、翌日には症状が悪化したりするので油断は禁物です。小刻みに回復と悪化を繰り返していく中で、段々症状が安定してきます。一般的に症状が安定してくると、希死念慮が現れるので注意が必要です。また、病気になることを恐れ、病気を再発させるなら死んだほうがマシと考えるようになります。そして、回復期には体力や気力なども回復してくるので、行動力も出てくるのです。自殺を考えた時に突然行動を起こすことがあります。周囲の人間は患者の行動に注意しなければなりません。再発予防期になると、うつ病の再発を予防する取り組みがメインになってくるでしょう。一般的に症状が安定してからも薬物治療を続けます。医師の診断によって、薬物治療の期間は変わってくるのです。一般的に1年から2年程は薬物治療を続けます。医師の診断によっては2年以上治療を続ける必要も出てくるでしょう。基本的にうつ病の場合は、ストレスを溜めないことが予防の基本になります。ストレスが生じた時の対処法などについてもカウンセリングなどを通して相談しておくことが重要です。また、ストレスの発散方法を見つけておくと、病気の再発リスクは下がります。職場や家庭にストレスの原因があるなら、会社や家族に協力してもらいながら予防に取り組みましょう。会社の場合は転職するのも一つの方法なので、検討してみる価値はあります。病気を予防するのに必要なことはしっかりと実践していきましょう。